サヨナラ

何度夢にまで見ただろう。 何度願ったことだろう。 会いたかった人が今目の前にいる。 夏の終わりの風が吹いた。 夏の終わりの風は心地よいものだったはずなのに、心…

長い夢

長い長い夢を見た。 甘くとろけそうな世界。視界の隅には彼がいた。 今は今だけはとかき消したのだけど、運転席に乗る彼の横顔とか、彼の車の香りを強烈に思い出す。 …