広告が表示されています

当サイト【気ままカタログ】では広告を表示している記事があります。広告の配信に関しまして、消費者庁が問題としている【誇大な宣言や表現】とならないように最大限の配慮しています。最大限配慮してサイトの運営や記事の投稿をしていますが、不適切な表現を見かけた場合は【お問い合わせフォーム】からご連絡いただければ幸いです。

長い夢

長い夢

長い長い夢を見た。

甘くとろけそうな世界。視界の隅には彼がいた。

今は今だけはとかき消したのだけど、運転席に乗る彼の横顔とか、彼の車の香りを強烈に思い出す。

「いつか忘れるよ。」

そんなことを自分に言い聞かせたりはするのだけど、どうもうまくいかない。

「会いたい。」

声にならない声を心の中でつぶやいた。

また激しく切なくなり、正直泣いた。

泣き疲れて泣いた夜が何度あっただろう。

こんなに近くにいるのに会えない彼を何度思っただろう。

「…好き。」

すこしだけ声にしてみる。振り絞った自分の声がこだまのようになって、もっと切なくなる。

2人で肩を並べて歩いてた日を思い出してみた。

2人で手を並べて写真を撮ったりもしたっけ。

あぁ、今は私の手のひらひとりだなぁ。

そうして、長い夢だけが終えたけれど、夜が明けたら寂しさが残ってしまった。